あらすじ
01 02 03

認めにゃあ

03
こっちでの部活はどうしようかと悩んでいたけど、どうやら俺の部活は写真部で決まったらしい。
正直もっと刺激のある部活が良かったけど…。そう思って写真部のドアを開けると、ハイテンションで写真を撮りまくる女の子と写真を撮られまくっている八十亀がいた。
可愛い八十亀の写真を只草ちゃんに見せてもらったけど、なんで観光地の写真とか撮らないんだろう…?
総監督 × ひらさわひさよし
キャラクターデザイン × 早坂皐月
絵コンテ × 藤崎有
演出 × 北村英治
作画監督 × 鶴田愛
美術監督 × 河上 均
シリーズ構成 × WORDS in STEREO

トーキョーもん

02
昨日拾った八十亀さんという子の生徒手帳の中には味噌のパックが入っていた…。味噌を常備しているなんて只者じゃない。
登校中にちらりと中を覗いたカフェに八十亀さんがいた!
手帳も返したいし、また話すチャンスだ!
俺はカフェの扉を開いた。
総監督 × ひらさわひさよし
キャラクターデザイン × 早坂皐月
絵コンテ × 藤崎有
演出 × 多田野緋兎
作画監督 × 鶴田愛
美術監督 × 河上均
シリーズ構成 × WORDS in STEREO

はじまり

01
東京から名古屋に引っ越してきた。
名古屋ならではの訛りや食文化を楽しみにしてきたけど、誰も方言を喋ってないし、何にでも味噌をつけて食事はしてなかった。
正直めちゃくちゃがっかりしたけど、帰り道に猫みたいな動きをして訛り全開の女の子に出会ったんだ!
八十亀最中っていうらしいけど…。また会えるかな…。
総監督 × ひらさわひさよし
キャラクターデザイン × 早坂皐月
絵コンテ × 藤崎有
演出 × オータカイチロー
作画監督 × 鶴田愛
美術監督 × 河上均
シリーズ構成 × WORDS in STEREO